脳の足りないプランナーがUnityをお勉強するブログ

ゲーム作れるようになりたいけど飽きっぽいのでブログに記録していくよ。

ドーザーアプリを作ってプレファブとエフェクトを学ぶ②

今日も眠いよ。

---

昨日はステージのオブジェクトを作ったので

今日はそこに装飾をつけていくところから。

 

既存の3Dモデルをインポートして配置。

QuadとPlaneはどう違うの?という疑問に答えてくれたサイトがこちら。

tsuwabuki.hatenablog.com

そうか、メッシュって頂点と三角形で構成されているものなのね。

QuadオブジェクトのPositionを貼り付けたい壁と全く同じ座標にすると表示が安定しないので、0.01だけずらす。

 

カメラとライトを調整して、いよいよプッシャーの実装。

オブジェクトを配置して、あとは繰り返し動くスクリプトをつける。

ここでUnityのスクリプトリファレンスの使い方を少し理解。

 TransformクラスのlocalPosition関数

 MathfクラスのSin関数

 Timeクラスのtime関数

こういう感じね!(分かった風

 

Pusherオブジェクトにさっきのスクリプトをつける。

Rigidbodyを持つオブジェクトに影響を与えたい場合は

スクリプト側で動かすオブジェクトにもRigidbodyを付けるといい。

さらに、物理演算による影響を受けないようにIs Kinematicにチェックを入れる。

Unity - マニュアル: Rigidbody

---

今日はここまで。

試しにゲームプレビューしてみた

f:id:likewood84:20160420014317p:plain

プッシャーがそれっぽく動いてるー!これはテンション上がる