脳の足りないプランナーがUnityをお勉強するブログ

ゲーム作れるようになりたいけど飽きっぽいのでブログに記録していくよ。

ドーザーアプリを作ってプレファブとエフェクトを学ぶ①

前回音をつけられなくてしょんぼりしたけどめげずに先に進む。

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

 

今回はこれの第4章をやっていくよ。

っていうか今夜中の2時なんだけど、1日1回はUnity触らないとすぐ忘れそうだからね。少しずつでも触って記録していくよ。

---

本に付属されているUnityパッケージをインポートしてステージを作るところまでやって寝よう。明日も仕事だ。

いつも通りCubeでステージを作る。

MaterialのAlbedoにテクスチャを設定するのは初めてだ。学び。

 

Projectタブが階層構造で表示されないの微妙に不便だったので

表示をTwo Columun LayoutからOne Column Layoutに変更。

これでHierarchyとProjectが同じような表示になってスッキリ。

 

Tillingを設定すると、1枚のテクスチャーをその数だけ並べたマテリアルになるので、小さい画像サイズで大きい領域を表現できて容量の節約に有効。

----

眠いのでここまで。

おやすみー。