脳の足りないプランナーがUnityをお勉強するブログ

ゲーム作れるようになりたいけど飽きっぽいのでブログに記録していくよ。

玉転がしアプリを作って物理エンジンとコリジョンをお勉強③

前回boolってなんぞや?と書いたけど、

あれはtrueかfalseで返す型のようだ。

つまりゴールしたか否かを判定するスクリプトなので「ゴールしたか」「ゴールしていないか」を返しているんですね。ぼんやり把握。

---

クリア判定スクリプトの続き。

Colliderをcolliderと書いてエラーを吐く…

若干内容が理解できていないけど先に進んじゃう。あとでちゃんとスクリプトの内容も理解しようね。

 

(特にボールの方向計算をしているVector3あたりの計算と、OnTriggerExitの動きがよう分かっていない。)

 

OnGUIを使って、すべてのボールがホールに入ったら文字を出すようなスクリプト作成。

UIを提供する機能にはuGUIとOnGUIの2系統があって、uGUIの方が新しくてインタラクティブに確認しながらUIが作れることもあって今後のメインになってくるとのことだけど、

今回のような開発用やサンプルの仮UIの表示に利用するのには良いんだって。

どっちも使ってみないと分からないね。

---

最後にGIの間接光を有効にして完成。

f:id:likewood84:20160417202935p:plain

(∩´∀`)∩わーい